電気工事士は盗聴器発見に必要不可欠な資格!

11月 27th, 2017 by scanlock

盗聴器の発見は、現在では警備会社や探偵さらには専門の盗聴発見会社などが存在しています。
実際の盗聴発見業務は電波調査だけを行っている訳では有りません。コンセント裏や電話回線、パソコン周辺、ルームライトの裏など多種多様に及びます。しかしこれらの個所の殆どは壁裏のコンセントなどと直接的につながって居り、これらの地点を精密に分解調査するとなると電気工事法第6条に基づいて経済産業大臣が行う「電気工事士」と呼ばれる国家資格が必要と成ってきます。

これにさらに電話回線周りの一時的な切り離しの工事が加わった場合にも「工事担任者」と言う電気通信事業法第73条に基ついた別の国家資格の認定を受けた者が行わなくてはならないとされています。(一部割愛)

これらは盗聴発見業を営みプロの調査員を名乗るには最低限必要となる資格です。
無線電波(盗聴波)を調査するうえでこの国家資格(電気工事士、工事担任者)に該当するチェックポイント(調査地点)はいわば避けては通れない鬼門にも成り得ます。無資格の者が調査中にこれらの箇所をむやみに切断、開封してしまうと法律違反にも当たる可能性が高いと思われます。この様な場合には再度、専門の業者(電気工事士、NTTなどの会社に連絡後の再調査と成るでしょう。)
.
短時間で精度の高い(見落としの少ない)、正確な盗聴調査が行えるのはこれらの資格を所持した業者、会社に依頼されるのが後々の安心感、再出費を抑えた業者選びの最良の方法とも言えます。

盗聴器 発見
盗聴器 調査

盗聴器発見には探偵より盗聴器発見専門業者に依頼すべき?

10月 2nd, 2017 by scanlock

盗聴器を見つけたい、盗聴器が仕掛けられているかも?と思ったとき、盗聴器発見専門業者と探偵に依頼する事と思います。盗聴器発見専門業者と探偵一体どちらへ依頼すればよいのか良くわからないと言う質問を良く受けます。

実態は、盗聴器発見業者の方は専門性が高いからすべてが良いわけでもなく、又、探偵も本業が別にあってその合間に盗聴器の調査を行う探偵も居られます。結局どちらがより専門性が高いのかと問われるとその業者1つ1つに調査力(厳密には調査機材力や国家資格など)に大きな格差が存在します。

探偵の場合は、まず本業の仕事が有りその片手間で盗聴器の発見の業務をするのですから、どうしても盗聴器の調査は疎かになりがちです。

盗聴器発見専門業者の方も過去に大手盗聴発見プログラム講習を受けただけの国家資格を所持しない業者も多々存在して居ります。

調査力に優れた本当の意味での盗聴器発見専門業者はまず、調査や撤去の時に必要となる国家資格を取得し、又盗聴器の種類の知識、盗聴器発見のノウハウが豊富で様々な測定機材を駆使してより多くの盗聴器を発見除去することが可能です。現在のところ日本でこのような専門的知識を身に着ける業者はごく少数と言わざるを得ない所では有ります。

盗聴器発見業者が身につけておきたい(備えておきたい)項目を箇条書きにしますと、

1、電波や無線機やその他の測定器(スペアナ等)の知識や専門資格を持って要るか?

2、開業してどれだけの盗聴発見の経験年数を経ているか?

3、高性能受信機やそれに付帯するバンドスコープなどの機材をチャンと揃えているか?

4、出来るだけ高周波数まで対応するスペアナ等の測定器を操作するスキルを持ち、また所持しているか?

5、どれだけ沢山の盗聴器に対応する専用機材を多数持って要るか?

6、特殊盗聴器の調査の為の、NLJD(電子機器探知機)等の所有の有無の確認?

7、お客様からの問い合わせがあった場合、どれだけ正確にわかりやすく説明ができるか?

 

より専門性の高い盗聴発見業者の調査力などはこちらのサイト様で確認することも可能です。

 

因みに弊社サイトは盗聴器発見業者ランキングで1位の評価を頂きました。

盗聴器発見調査と対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見 盗聴器調査|スキャンロックサービス

 

 

 

 

盗聴器盗撮発見調査と対策はSls

5月 9th, 2013 by scanlock

プライバシー漏洩《盗聴器,盗撮カメラ》、情報漏えい《盗聴,盗撮》防止総合対策サイト

盗聴器、盗撮カメラの被害対策盗聴、盗撮機器の発見、撤去。調査のプロが最新盗聴器の紹介、防衛方法から対処法まで多数紹介し最新測定機器群による本格的調査。と盗聴発見調査は有資格の専門家が最新調査機材と高精度調査で完全撤去致します。
盗聴器、盗撮器の発見、撤去と対策。調査のプロが最新盗聴器の紹介、防衛方法から対処法まで多数紹介し最新測定機器群による本格的調査。

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見 盗聴器調査|スキャンロックサービス

盗聴器調査発見、盗聴盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

盗聴器盗撮カメラ発見調査と対策-SLS

盗聴器発見業者の選び方

盗聴器盗撮カメラ発見調査会社大阪-SLSのブログ紹介

盗聴器発見調査 スキャンロックサービスの楽天紹介ブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのはてなブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのココログブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのgooブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのamebaブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのexciteブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのUGEM!ブログ紹介

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

5月 9th, 2013 by scanlock

プライバシー漏洩《盗聴器,盗撮カメラ》、情報漏えい《盗聴,盗撮》防止総合対策サイト
情報漏洩と盗聴盗撮被害は国内最高水準の調査技術と盗聴盗撮関連知識(無線関連資格)を持つインセンティブエキスパートが全盗聴器、盗撮カメラを対象に高精度に調査、発見、除去致します。

特殊盗聴器や特殊盗撮カメラでお困りの企業や個人のお客様への盗聴盗撮探査発見サービス

弊社の特徴
・国産高性能受信機とスペアナの使用
・26.5GHz対応スペアナ
・電子回路探知器 NLJDを調査時に使用(通常の調査料金内での使用)
・熱画像カメラを盗聴盗撮調査時に使用
・有線調査を拡充しました。
・金属探知機、ファイバースコープ等特殊調査機材を使った繊細な調査等

弊社は国内では珍しい高価な特殊盗聴盗撮機材を使用した、有名企業や各個人のお客様への高度な
盗聴盗撮機器の発見や調査を専門とした各種国家資格を所持する専門のスタッフによる国内トップレベルの調査を行うスペシャリスト集団です。

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見盗撮調査と盗聴発見探査(高精度調査機材群+国家資格+料金)-Sls

盗聴器調査発見、盗聴盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見業者の選び方

盗聴器発見調査 スキャンロックサービスの楽天紹介ブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのはてなブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのココログブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのgooブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのamebaブログ紹介

 盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのexciteブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのUGEM!ブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのyaplog紹介のブログ