国内初のX線透視による非破壊検査が可能な本格的盗聴発見業者!

此れまで盗聴器の調査にはほとんどが電波調査が主に行われて来ておりました。
しかしながら近年、海外などから輸入される「高度な盗聴器」などは、通常の電磁波調査だけではなかなか検知されにくいタイプの盗聴器(手の込んだ高度な偽装品、リモコン型、デジタル式間欠送信型)なども存在して居ります。
この様な卑劣な「盗聴」の不安をぬぐい切れない状況を一刻も早く解決したい。出来れば建物や壁などは破壊せずにその中身だけを正確に調査したいなどの要望もある一定の割合で存在して居ります。
X線透視調査はこれらの要求を満たす最高水準の調査項目となり得ます。
X線透視調査には国家により様々な制約や制限(X線作業主任者の資格の所持や使用方法など)が有りますが、弊社ではこの難関をクリアした専任者(X線作業主任者)により法的に担保された特殊調査が可能と成って居ります。
又、作業の効率、時間の短縮にも効果的なデジタル現像方式を採用して居り、極めて短時間内でX線透視が可能と言う特徴も持ち合わせて居ります。
尚、調査料金等は弊社サイトをご確認ください。

盗聴器発見料金
盗聴器調査
企業、盗聴器調査

Comments are closed.