Archive for the ‘盗聴 盗撮 調査’ Category

RF EXPLORERと言う安価なスペアナについて

木曜日, 3月 29th, 2018

RF EXPRORERは小型で安価(数万円程度)であるが故にスペアナとしての機能や掃引のスピード(フルスパンモードはまず使えない)がやや遅い部類に入ると思いますが(使う周波数範囲を絞った用途等)、使用する人が予めこれはこの様なものと諦め、使える機能も有る程度限定的では有るが(余り多大な測定器としての精度を期待してはいけません又機能も有りません。)、手軽に使える小型のスペアナ(バンドスコープ)を使いたいなどの用途ではなかなか面白い機器では有ります。

写真の左側は50KHz~960MHzまでに対応するスペアナ又右側は30MHz~6000MHzに対応するSIGNAL GENERATERです。

スペアナの方は設定する周波数範囲により自動的にRBWが決まってしまう為余り広いスパンを設定してしまうと測定の精度(フィルターが広がってしまう為)が落ちます。又、Signal Generatorの方は実際に表示される出力の表示よりかなり出力のレベルは高くないように思われます。(これは付属のアンテナをした場合のあくまでも感想です。)一応スペック的には+dB程度は出ているようですがそのような実感は有りません。又この信号を受信機で受信してみた所ただの搬送波のみ(無信号)が出て居りました。

別途、専用のソフトをダウンロードしてUSB端子につなげばスペアナと連動して信号の掃引が出来るようですので安価なネッワークアナライザの機能も可能だとの事です。

共にキュートなデザインのこの両機は使ってみるとかなり楽しいです。これを使って仮想的に盗聴器の発見等の実体験や練習なども試してみる価値はあると思います。

盗聴器調査料金

盗聴器発見

探偵

弊社は無線関連国家資格「一陸特殊」を所持しています!

水曜日, 12月 27th, 2017

国内で盗聴器調査を行う業者は「探偵、警備会社、盗聴器発見専門業者」などが存在して居りますが、これらの専門業者でもプロの無線関連国家資格を所持している業者は弊社を除き、ただの1社も存在していません。(2017年末現在)
そもそも国家無線資格の所持は国の法律で義務化されていないのが現状で(国の法整備が進んでいない、事業規模が小さい)、盗聴器発見の業務をされる業者(探偵、警備会社等)でもアマチュア無線技士の国家資格を持つ会社も殆ど存在しないのも頷けます。
それでは無線資格が無くても無線調査が出来るのか?と問われるとたとえ無線の専門的知識(正式な測定知識や無線に関する基礎知識や応用知識)が無くても個人レベルでの無線調査は構わないのが現在の法体系ですが、あくまでも無線にかかわる専門家(調査料金を頂く盗聴器発見の専門家)ならば当然、無線関連国家資格くらいは所持していただきたいのですが・・。

屋内の電気工事には電気工事士の資格が必要で、電話工事をする場合にも工事担任者と言う専門の国家資格が存在しています。そろそろ無線調査にも無線国家資格の所持による「盗聴器調査のレベルアップ」を期待して良い時期に来ているのかもしれません。

また弊社が他サイトを視る限り、一部の探偵様サイト(盗聴発見専門業者サイト)でなぜこの機材が盗聴器の調査に役に立つのか疑問を抱かせる業者様や国家資格など一切持たず調査機材も載せずにただ盗聴器の調査料金だけを載せる業者なども相当数存在して居ります。(そのようなサイトさまの中には、他社では決して真似のできない調査、圧倒的な調査力なども含まれます。)

弊社は世界の有力調査機材の数々の所持「世界的に有名なNLJD(電子回路探知機)、世界最高水準のスペアナ、世界最高水準の高性能受信機など」に加え、プロの業務無線国家資格「第一級陸上特殊無線技士」の国家資格を所持して居ります。様々な高性能受信機、高性能スペアナ、プリアンプ、専用アンテナ等を利用した高度な特殊調査が可能と成って居ります。

盗聴器発見料金
盗聴器調査
盗聴器発見業者

電気工事士は盗聴器発見に必要不可欠な資格!

月曜日, 11月 27th, 2017

盗聴器の発見は、現在では警備会社や探偵さらには専門の盗聴発見会社などが存在しています。
実際の盗聴発見業務は電波調査だけを行っている訳では有りません。コンセント裏や電話回線、パソコン周辺、ルームライトの裏など多種多様に及びます。しかしこれらの個所の殆どは壁裏のコンセントなどと直接的につながって居り、これらの地点を精密に分解調査するとなると電気工事法第6条に基づいて経済産業大臣が行う「電気工事士」と呼ばれる国家資格が必要と成ってきます。

これにさらに電話回線周りの一時的な切り離しの工事が加わった場合にも「工事担任者」と言う電気通信事業法第73条に基ついた別の国家資格の認定を受けた者が行わなくてはならないとされています。(一部割愛)

これらは盗聴発見業を営みプロの調査員を名乗るには最低限必要となる資格です。
無線電波(盗聴波)を調査するうえでこの国家資格(電気工事士、工事担任者)に該当するチェックポイント(調査地点)はいわば避けては通れない鬼門にも成り得ます。無資格の者が調査中にこれらの箇所をむやみに切断、開封してしまうと法律違反にも当たる可能性が高いと思われます。この様な場合には再度、専門の業者(電気工事士、NTTなどの会社に連絡後の再調査と成るでしょう。)
.
短時間で精度の高い(見落としの少ない)、正確な盗聴調査が行えるのはこれらの資格を所持した業者、会社に依頼されるのが後々の安心感、再出費を抑えた業者選びの最良の方法とも言えます。

盗聴器 発見
盗聴器 調査

盗聴器盗撮発見調査と対策はSls

木曜日, 5月 9th, 2013

プライバシー漏洩《盗聴器,盗撮カメラ》、情報漏えい《盗聴,盗撮》防止総合対策サイト

盗聴器、盗撮カメラの被害対策盗聴、盗撮機器の発見、撤去。調査のプロが最新盗聴器の紹介、防衛方法から対処法まで多数紹介し最新測定機器群による本格的調査。と盗聴発見調査は有資格の専門家が最新調査機材と高精度調査で完全撤去致します。
盗聴器、盗撮器の発見、撤去と対策。調査のプロが最新盗聴器の紹介、防衛方法から対処法まで多数紹介し最新測定機器群による本格的調査。

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見 盗聴器調査|スキャンロックサービス

盗聴器調査発見、盗聴盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

盗聴器盗撮カメラ発見調査と対策-SLS

盗聴器発見業者の選び方

盗聴器盗撮カメラ発見調査会社大阪-SLSのブログ紹介

盗聴器発見調査 スキャンロックサービスの楽天紹介ブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのはてなブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのココログブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのgooブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのamebaブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのexciteブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのUGEM!ブログ紹介

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

木曜日, 5月 9th, 2013

プライバシー漏洩《盗聴器,盗撮カメラ》、情報漏えい《盗聴,盗撮》防止総合対策サイト
情報漏洩と盗聴盗撮被害は国内最高水準の調査技術と盗聴盗撮関連知識(無線関連資格)を持つインセンティブエキスパートが全盗聴器、盗撮カメラを対象に高精度に調査、発見、除去致します。

特殊盗聴器や特殊盗撮カメラでお困りの企業や個人のお客様への盗聴盗撮探査発見サービス

弊社の特徴
・国産高性能受信機とスペアナの使用
・26.5GHz対応スペアナ
・電子回路探知器 NLJDを調査時に使用(通常の調査料金内での使用)
・熱画像カメラを盗聴盗撮調査時に使用
・有線調査を拡充しました。
・金属探知機、ファイバースコープ等特殊調査機材を使った繊細な調査等

弊社は国内では珍しい高価な特殊盗聴盗撮機材を使用した、有名企業や各個人のお客様への高度な
盗聴盗撮機器の発見や調査を専門とした各種国家資格を所持する専門のスタッフによる国内トップレベルの調査を行うスペシャリスト集団です。

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見盗撮調査と盗聴発見探査(高精度調査機材群+国家資格+料金)-Sls

盗聴器調査発見、盗聴盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

盗聴器発見業者の選び方

盗聴器発見調査 スキャンロックサービスの楽天紹介ブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのはてなブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのココログブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのgooブログ

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのamebaブログ紹介

 盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのexciteブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのUGEM!ブログ紹介

盗聴器盗撮カメラ発見調査 スキャンロックサービスのyaplog紹介のブログ